主婦目線の気になるトレンド・お得・美容ダイエット・子育て・芸能などを紹介

↑応援サイト様のおすすめ記事です↑↑ぜひどうぞ!

社会

    このエントリーをはてなブックマークに追加

医療保険のサムネイル
医療保険がある。 強制加入の公的医療保険と、任意加入の私的(プライベート)医療保険(民間保険会社が提供)の2種類に分けられる。 公的医療保険は予め被保険者の範囲が行政によって定められている医療保障制度である。多くの先進国では公的医療保険
20キロバイト (553 語) - 2023年12月20日 (水) 23:10

(出典 jp.moony.com)


正常分娩出産費用に公的医療保険を適用するという提案、とても嬉しいです。出産は女性の本来の権利であり、自己負担なしで安心して出産できる環境が整うことは素晴らしいことだと思います。
ただ遅かった という意見が多いですね。

1 ぐれ ★ :2024/05/22(水) 09:01:15.85 ID:Ql0MHjOm9.net
※[2024年5月21日20時51分]
日刊スポーツ

政府は、正常分娩(ぶんべん)での出産費用に2026年度から公的医療保険を適用し、自己負担を求めない方向で検討に入った。病気やけがの保険診療では医療費の1~3割が患者の自己負担となるが、出産費用には別の枠組みを設けて「自己負担なし」とする案が浮上している。経済的な負担を軽減し、少子化対策につなげたい考え。厚生労働省とこども家庭庁が有識者会議を来月にも新設し、保険適用の対象とする正常分娩の範囲などの議論を本格化させる。関係者が21日、明らかにした。

正常分娩による出産費用は現在は保険が適用されず、医療機関ごとに価格を自由に設定でき、全国平均は約50万3000円(23年5月時点)。地域差が大きく、都道府県別の政府集計(22年度)によると、最高の東京と最低の熊本との間で20万円を超えた。公的医療保険が適用されれば全国一律の公定価格となり、正常分娩のサービスの質も確保されるメリットがある。

続きは↓
https://www.nikkansports.com/general/news/202405210001312.html

【【少子化】公的医療保険を適用で出産に自己負担0円検討「無痛は?」「高級産院は?」 課題浮き彫り】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

政府の経済政策が安易な円安政策に頼ってしまっていることが、国力低下の一因となっているのかもしれない。

1 BFU ★ :2024/05/21(火) 18:57:05.31 ID:cZCLMUcD9
実に34年ぶりの円安水準に、財務省はたまらず為替介入に踏み切ったとされる。だが、それも時間稼ぎにすぎない。日本経済の「不都合な真実」から我々が目を背けている限り、根本的な解決は遠い。

財務省中堅幹部が告白する

 米ニューヨークの人気店でラーメンを1杯すすると、3100円(20ドル。1ドル=155円で計算)。日本ではチャーシュー麺を食べても1200円程度。米国が高すぎるのか、日本が安すぎるのか。いずれにせよ、その背景にあるのは異常とも言える円安ドル高だ。

 原因としてよく指摘されるのが、日米の金利差だ。米国の政策金利が5・25~5・5%で、日本は0~0・1%。マネーは金利の低いほうから高いほうへ流れる。円が売られ、ドルが買われることで、歴史的な円安水準になっているわけだ。

一橋大学名誉教授の野口悠紀雄氏が解説する。

 「仮に米国と日本のさまざまな物やサービスが同じ値段だとすると、1ドル=90円程度が適正水準です。だから今の150円を超える為替レートは、著しく低く見積もられている。外国人観光客が街に溢れているのも、ホテル料金が高騰して日本人が利用できなくなっているのも、ひとえに異常に割安な為替レートが原因です。

 また、過度な円安が続くと、日本では稼げないからと介護やサービス業などに外国人労働者が入ってこなくなり、人手不足から物価やサービス価格が上がって国民の生活は困窮していきます」

 にもかかわらず、日本銀行(日銀)の植田和男総裁は、「円安について十分注視していく」としたものの、緩和的な金融環境は当面続けると明言している。

 「植田総裁が今の円安水準をそこまで問題視していないことが、問題なのです。利上げに消極的だという投機筋へのメッセージになり、構造的に円安が進みやすくなっています」(野口氏)

 もちろん、国の財政を司る財務省も手をこまぬいているわけではない。1ドル=160円にまで急速に円安が進んだゴールデンウィークの真っ只中には為替介入を行ったと見られる。

 2度目の為替介入を行ったとされる5月2日の夜、本誌は財務省の中堅幹部に話を聞いた。

二度の為替介入を経て

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/a6ec578724a81e3c1dbdc97161b40cb9dfee0e09

※前スレ
★1
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1716265173/
★3
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1716278892/

【【悲報】日本経済が崩壊、財務省幹部が異常円安を国力低下とやっと気づく】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加


1 名無しさん@涙目です。(茸) [DE] :2024/05/16(木) 17:03:52.62 ID:qb9+t+A50 BE:271912485-2BP(1500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
ソース

(出典 i.imgur.com)


中国在留日本人、約20年ぶり低水準 コロナも影響
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM195G80Z10C23A9000000/

クルド人とかがめっちゃ増えてるらしいね
良かったね!

【中国人、ガチで日本に働きに来なくなる… 「中国の方がいい良い」 [271912485]】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

配偶者年金の廃止は、一部の人々にとっては公平性を問題にすることもあります。現行制度が夫婦間の経済的な安定を支えているケースも少なくないため、慎重な検討が必要ですね。

1 蚤の市 ★ :2024/05/13(月) 20:35:12.02 ID:oIsdJaG29.net
厚生労働省の審議会は13日、会社員らの配偶者が年金保険料を納めずに基礎年金を受け取れる「第3号被保険者制度」について議論した。同制度には公平性の観点などから批判が根強いものの、対象者はなお700万人超おり、厚労省は廃止には慎重だ。

専業主婦(主夫)や配偶者の扶養のなかで働く人は、年収106万円未満などの要件を満たすと、保険料を払わなくても老後の基礎年金を受け取れる。給付と負担のバランスの点では批...(以下有料版で,残り949文字)

日本経済新聞 2024年5月13日 18:02
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA10A7E0Q4A510C2000000/

【【主婦悲報】配偶者年金制度に見直し、将来的には廃止になり得る可能性】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

安重根のサムネイル
重根(あん じゅうこん、アン・ジュングン、안중근、1879年9月2日 - 1910年3月26日)は、大韓帝国の犯罪者。本貫は順興安氏。 開化派の流れを汲むカトリック教徒であるが、華夷秩序を主張した旧守派及び東学党や、後継たる天道教及び一進会とは終生敵対したため、民族主義者としての立場は不明確とさ…
109キロバイト (18,053 語) - 2024年5月2日 (木) 08:15
日本の大学生たちが旅行ガイドブックに書くべきは、過去の加害の歴史だけではなく、現在進行形の差別や偏見にも目を向けるべきだと思う

1 仮面ウニダー ★ :2024/05/16(木) 13:13:35.39 ID:huQIAEPw

(出典 img.hani.co.kr)


 「南山公園の一角にある安重根(アン・ジュングン)義士祈念館。朝鮮の独立運動家・安重根の生涯を紹介する博物館です。
安重根といえば、初代内閣総理大臣の伊藤博文を射殺した人物として、歴史の授業で習った人もいるでしょう。
しかし、日本の教育のなかでは、なぜかれが伊藤博文を射殺したのか、その背景について深く学ぶことはあまりありません」

 3月に日本で出版された本『大学生が推す 深掘りソウルガイド』の一節だ。日本でこのような内容が書かれた
韓国旅行ガイドブックは極めて異例だ。
日本では安重根義士のことを、明治時代の尊敬される人物・伊藤博文首相を射殺した「テロリスト」として学ぶ。
このガイドブックには、ソウルの人気スポットである「Nソウルタワー」の様々な見どころや食べ物なども紹介されるが、
日本人には不都合に思われかもしれない内容、例えば安重根とは誰なのか、彼が主張した「東洋平和論」とは何なのかまで、
分かりやすくまとめられている。
ー中略ー

 「ドラマ、K-POPなど韓国が好きで旅行に行く日本の人々に、何か役に立ちながら歴史問題にも触れる機会になるのではないかと思い、
ガイドブックを作りました」。社会学部4年生の根岸さんは「2022年秋に韓国に初めて旅行に行った時、
いわゆる日本人観光客がよく行く観光地の近くに歴史的に非常に重要な場所があるということを知った」とし、
これを分かち合いたかったと話した。同じく4年生の藤田さんも「この本は必ず行ってみるべき観光地、美味しい店も紹介しながら、
歴史を学んだり一緒に考えられる内容が十分に含まれているというのが特徴」だとし、「こんな本は日本で初めてではないかと思う」
と紹介した。

 一橋大学社会学部の学生たちが「韓日の歴史にしっかり向き合おう」といって書いた本は、今回で3冊目だ。
2021年『「日韓」のモヤモヤと大学生のわたし』、2023年『ひろがる「日韓」のモヤモヤとわたしたち』という本が出版された。
いずれも加藤ゼミの学生たちが著者という共通点がある。

 加藤教授は「2020年のゼミ中に(最初の)本を作ろうという提案が出ました。
ゼミで日本と朝鮮、日本の朝鮮植民地支配問題などについて初めて率直に話をしながら、これが人権の問題だということに気づき、
学生たちの学びに対する意欲が高まった」と、当時の雰囲気を伝えた。
なぜ日本社会はこのような重要な人権、歴史問題について話せないのか、こうした日本社会の状況を変えなければならないのではないか、
などの意見が出て、本出版につながった。「わたしをとりまくモヤモヤ」「どうして日韓はもめているの?」
「日韓関係から問い直すわたしたちの社会」など、本の目次を見ても分かるように、難しい学術書ではなく
、一般市民の目線に合わせた本だ。
ー中略ー

 日本でK-POPと韓国ドラマが好きな10~20代はとても多いが、韓日を巡る歴史問題に関心がある人は少数だ。
「日本では被害者として自分たちのことを考える傾向が強い。アジア太平洋戦争を学ぶ時も原爆や空襲など被害を受けた部分を学ぶ。
このような被害を受けたので戦争は良くないという教育」。 根岸さんは「朝鮮侵略と植民支配という加害の歴史はよく分からないか、
学ぶ努力しようとしない」歴史教育の不十分さを挙げた。

 「日本はいまだに帝国主義を正当化し、その論理を内面化していると思います。過去の歴史をきちんと反省しなかったために、
その精神が残存し再生産されている。日本にとって不都合な歴史は見ようとしない。
政府も歴史教育をきちんと行わず、メディアもこのような問題を積極的に取り上げなかったり、むしろ隠蔽しています」と、
加藤教授は声を強めた。
ー後略ー

全文はソースから
5/15(水) 13:14配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/446936b0d3c675e8ef65a4884a73e823182f8aab

【大学生、教科書には載らない日本人の視点から見た過去の罪と反省をガイド本人書く】の続きを読む

このページのトップヘ